【名古屋】FP継続教育セミナー

FP教育研究所 TEL:06-6354-2239

2回目以降の受講は、すべて1割引です

※弊社セミナーの2回目以降の受講は、受講料が1割引になります。


【重要】通学セミナーについて

感染予防策を講じて企画して参りますが、状況に応じて開催の見送りを検討させていただく可能性をお含みくださいませ。もしも、感染が明らかになった場合等は、保健センター等の感染追跡調査にご協力をお願いいたします。

  ■予防策

  • 恐れ入りますが、体調不良の方は出席をお控えいただきますようにお願いします
  • マスク着用、手洗い、手指消毒をお願いします。
  • 窓やドアを開けて、セミナーを行っております。
  • 四方を開けた座席配置に伴い、定員人数を減らしております(定員人数は会場により異なります)

 

【2023年2

中小企業コンサルに活かすFPの視点~財務戦略や事業承継など~(倫理・6単位)

日時:2/11(土)9:30~16:30

講師:有田 敬三

会場:名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール) 4階 第4会議室

受講料:10,000円(税込)

中小零細企業の財務戦略や事業承継など、経営課題への取組み方の参考になるセミナーです。具体的には、「企業成長モデルプラン」など企業経営を理解するための主な経営理論、金融庁が指導する「ローカルベンチマーク」などの財務分析の手法、税制改正による「事業承継税制の特例の創設」など、基礎知識の整理と実務事例をご紹介します。

FP実務の現場では、顧客のかかえる非ファイナンス的なテーマが約8割を占めるという実状にも配慮しつつ問題解決能力の磨き方に役立つ内容としています(初級編)。

上記セミナーのお申込みはこちら
定員は17名です。

人生100年時代に対応した社会保障制度の活用の仕方(ライフ・3単位)

日時:2/26(日)13:30~16:30

講師:有田 敬三

会場:名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール) 4階 第4会議室

受講料:6,000円(税込)

2019年12月に全世代型社会保障会議の中間報告で生涯現役社会のイメージが示された。大きな柱は、高年齢者の労働環境を整備することと、公的年金制度の見直しであった。

今回のセミナーでは、高年齢者雇用安定法の改正、公的年金制度の在職定時改定、在職老齢年金制度の見直し、年金受給開始時期の選択肢の広がり、繰り上げ・繰り下げ受給の注意点、また、企業型・個人型確定拠出年金(DC)の加入要件の見直しなど、生活設計に関わる課題を中心に解説する。

上記セミナーのお申込みはこちら
定員は17名です。

【2023年3

FPに必要な相続の法律知識と実務対応(相続・6単位)

日時:3/26(日)9:30~16:30

講師:有田 敬三

会場:名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール) 4階 第4会議室

受講料:10,000円(税込)

相続増税を背景にした節税対策、争族を避けるための遺言書の準備など、その各論の進め方を含めたFP実務は多岐にわたります。

民法や相続税法の基礎知識や判例、学説などの整理と、様々な事例を通じて、実際の実務対応やFP実務家として陥りやすい課題などをコンパクトに整理するFP実務家向きの中級編です。

上記セミナーのお申込みはこちら
定員は17名です。

【2023年4

FP実務に活かす家族・親族間契約の形(倫理・3単位)

日時:4/16(日)13:30~16:30

講師:有田 敬三

会場:名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール) 4階 第4会議室

受講料:6,000円(税込)

日常生活における財産管理や資産承継をはじめ生活設計に関する家族・親族間での契約の重要性が高まっています。特に契約書はただの口約束とは違い、守ることを前提に取り交わす重要な証拠書類となります。例えば、親子間での金銭貸借や贈与契約、夫婦間での財産契約や贈与契約、事実婚に関する合意書、親族間での扶養契約、任意後見契約、財産管理契約、親の介護をめぐる兄弟間契約や特別寄与料契約、家族信託契約、身元保証契約など実に様々です。

今回のセミナーでは、契約書や倫理的な課題などを分析し、ファイナンシャル・プランニングの実務に役立つことを目的にしています。

上記セミナーのお申込みはこちら
定員は17名です。

2023年度 税制改正のポイント(タックス・6単位)

日時:4/29(土)9:30~16:30

講師:有田 敬三

会場:名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール) 4階 第4会議室

受講料:10,000円(税込)

2023年度の与党税制改正大綱は、「NISA」(少額投資非課税制度)の拡充やスタートアップ(新興企業)支援、人への投資の促進など、岸田首相が掲げる「新しい資本主義」を推進する内容が盛り込まれている。

また、今年10月に消費税の税額を明示するインボイス(適格請求書)制度が始まることを受け、小規模事業者に配慮した経過措置も導入された。資産課税では、生前贈与の仕組みを見直し、2024年の贈与分から高齢者の資産を早目に若い世代に移りやすくするための改正案が示された。

今回のセミナーでは、税制改正の全体像をコンパクトに解説し、FP実務に役立つことを目的としている。

上記セミナーのお申込みはこちら
定員は17名です。

お電話でもお申し込みを受け付けております。

 

FP教育研究所

TEL:06-6354-2239

FAX:06-6242-6471

お問い合わせはこちら

(営業時間:平日9:00~17:00)

個人情報保護方針はこちら